ずーっと一緒に暮らそ・・・

ちびこ

ウチの庭には、屋根付きサークルin犬小屋があります
一番左がちびこの部屋、真ん中がちゃこの部屋、
右側が今は亡きぐーちゃんのお部屋です
ちゃこは、絶対自分の部屋以外には入りません
ちびこは、自分の小屋以外に入ります
その時の気分で(?)ちゃこの小屋やぐーちゃんの小屋で寝ています

今日は、ちゃこの小屋で過ごしてます
      
a0359752_19204981.jpg

ずっきゅ〜〜ん
いたいけな瞳にやられる
a0359752_19204991.jpg


野良犬あがりなので、どこか動きがビクビクしています
ウチのコになって16年なのにね・・・
「三つ子の魂、百までも」なのかな?
a0359752_19205098.jpg
でも、のんびりと昼寝ができるってことは、やっぱりウチのコなんだね
うれしいよ♡


[PR]
# by chako_kuro77 | 2017-05-23 19:17 | ちび子 | Comments(0)

仔猫、拾いました

金曜日の夕方、ちゃことちびこの散歩中に仔猫を拾いました
自宅から300メートルぐらいの竹林でピーピーと鳴く声を聞き、
のぞいてみると小さなギフトボックスとメモ書きがありました
その脇でキジとらの仔猫が私を見上げていました
捨てられてから、そう時間はたっていないようでした


a0359752_07193209.jpg



私はあえて箱とメモをそのままにし仔猫を抱きかかえ、
帰るのをいやがるちゃこ達を「もいっかい、散歩に行くからね」と
なだめつつ、急いで帰ってきました

なぜ、箱とメモをそのままにしてきたのか・・・・・
犬や猫を捨てた人は、かなりの確率で現場に戻ってくるのです
やっぱり、自分が捨てた犬や猫が誰かに拾ってもらえたのか、
まだその場にいるのか、気になるんでしょうね
だから、捨てた人が戻ってきたとき箱やメモはそのままあるけど、
猫はいない・・・
誰かに拾われたのか、それとも自分でどこかへ行ってしまったのか、
どうなってしまったのか、判断はつかないでしょう
ほんの短い間だけでも、自分が捨てた命について苦しんでほしいのです



a0359752_07193393.jpg

450グラムぐらいの小さな命
土日の暑さを考えると、金曜日に保護できて本当によかったと思っています
とっても美形のお嬢さんでした
名前は、竹林新子(たけばやししんこ)ちゃんです
保護猫ですから、生後二ヶ月ぐらいでワクチンを接種し、里親探しを始めます


とっても〝のんきチャン〟で、ケージに入れた当初こそ暴れましたが
すぐに、ふかふかベッドで寝始めました
少し食が細いかなと思いますが、体重は順調に増えています

a0359752_07193329.jpg


a0359752_07193463.jpg

散歩の時は必ずその場所を通るのですが、そこをのぞいてみることはありませんでした
そして今朝、思い切って立ち寄り、メモを開いてみました
そこには、幼稚園児か小学校低学年生の字で
「ひろってください みいちゃんていってください」(原文のまま)と書いてありました

メモは、また同じ場所に同じように置いておきました


どんな経緯があったのでしょうか?
子供が拾ったけど、お母さんから飼っていいよと言われなかったのか、
自宅で生まれて一匹だけ、もらい手がつかなかったのか・・・
あくまでも、私の想像ですが・・・

どんな理由があったにせよ、「みい」という名前までつけた仔猫をすてたのです


この子は知るべきです
両親に相談せず、猫を拾ったりもらったりしてはいけないことを・・・
自分の両親は小さな命をいとも簡単に捨ててきなさいという人たちだということを・・・
そして、捨てた自分もとっても傷つくのだということを



彼?彼女が、大きくなったとき捨てない大人になってほしいのです
小さな命を大切に思える人になってもらえたら、それでいいのです



[PR]
# by chako_kuro77 | 2017-05-22 08:46 | 保護猫 | Comments(0)

ちゃこの眼

前にちゃこの下まぶたに、デキモノができてしまったことを書きましたが、
ありがたいことになくなってしまいました

かなり、大きくなってきた時があり、
動物病院の先生にも取ってあげる方法はないかと
ズーッと相談していましたが、
血液検査の結果があまり良くなかったし、
この年齢になって全身麻酔は避けた方が良いとのことで
手術はできませんでした


本人が痛くないなら良いかなとも思いましたが、
かなり鬱陶しいらしく手で引っ掻くことも多くあり、
どうにかしてあげたいと思っていました


そんなことを考えているうちに、
なんか小さくなってきたような気がするなと思っていたら
ドンドン小さくなってきて、
今ではデキモノらしきものは全く見当たらなくなりました


本人もきっとスッキリしただろうけど、
こちらも引っ掻きすぎて出血している姿を見ずにすんでホッとしています
再発する可能性が高いらしく、
100%喜ぶというわけにはいきませんが、
少しでもスッキリした時間が長く続けば良いなと思っています

<<今年の初め>>
a0359752_20482217.jpg
右目の下まぶたにけっこう大きなデキモノが・・・
とっても鬱陶しそう


<<4月中旬ころ>>
a0359752_20482355.jpg



a0359752_20482322.jpg
スッキリさわやか、昔どおりになりました

わたしもホントに嬉しいでっす!!!

[PR]
# by chako_kuro77 | 2017-05-13 20:14 | ちゃこ | Comments(0)

静かな会合


本日は、写真はありませんが・・・


最近、朝の散歩でよく会うゴールデンの老犬

そーだなー12,3歳ってとこかな?


物静かなコで、ちゃこやちびこともしっとりご挨拶してくれる
もちろん、ちゃことちびこもしずかーにご挨拶を返す


しずかーにどころか、誰も一言も発しない
ただただ、しずかにしずかに顔を寄せ合い、匂いを嗅ぎ合う
そして、お互いが納得すると黙ったまま離れる
「じゃあ、またね・・」というように、そっと別れる
飼い主たちも笑顔で「それじゃ、また」って別れる
次の日も元気で会えるといいねとお互い心の中で思いながら・・・


こんな老犬たちの会合がずっと続きますように
明日もあさっても、来年も・・・

[PR]
# by chako_kuro77 | 2017-05-08 21:25 | ちゃこ・ちび子 | Comments(0)

みゅんの背中に羽がある

先日、大きく体調を崩したみゅん
1ヶ月前にも同じような症状で治療したばっかりだったので非常にガックシした「あたくし」なのです

前回、高額な治療費がかかって約1ヶ月の間、超ビンボー生活を送っておりました

やっとその治療費を払い終え(クレジットですが)やれやれと思った矢先にまた〜

内心は「ひーっ」って思いましたが、治療しないわけにもいきません

もう1ヶ月間ビンボーすればいいのだと自分に言い聞かせ、三日間の点滴入院、その後補液、血液検査、エコーなどなどほぼ毎日病院へ通いました

その甲斐あって、なんとか復活しました


a0359752_09320241.jpg
ずーっと食欲がなかったのに、やっと少しずつ食べ始めた時ーーー
点滴の針がついてるために、包帯が外せません
こんな時なのに「あー、みゅんはピンクが似合うなー」なんて考えてました


a0359752_09320335.jpg
ふふふ、ミッキーマウスの足みたい


a0359752_09524856.jpg

みゅんの背中に羽があることを13年間一緒に暮らしてきて初めて知りましたが、彼女が体調が悪かった時なのでドキッとしました
今見るとかわいい❤️



[PR]
# by chako_kuro77 | 2017-05-04 08:34 | みゅん | Comments(0)



わが家のわんこ・にゃんこと時々保護猫との日々が綴られています
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちびこ
at 2017-05-23 19:17
仔猫、拾いました
at 2017-05-22 08:46
ちゃこの眼
at 2017-05-13 20:14
静かな会合
at 2017-05-08 21:25
みゅんの背中に羽がある
at 2017-05-04 08:34
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧